日焼けした腕にぶつぶつができてかゆいので病院に行ってきた | ぶれいくなぷれいす

日焼けした腕にぶつぶつができてかゆいので病院に行ってきた

先日、すごく久しぶりに釣りに行ってきたのですが
全く釣れませんでした。

で、釣れなかったのは別にいいのですが(本当は悔しい)、
その日は、なかなかのいい天気でとにかく暑かったのです。
帰宅後、鏡を見てみると顔や腕や首がバッチリ日焼けしていました。

問題は次の日のことです。
日焼けした腕が異常にかゆくなったのでかきまくっていたら
ぶつぶつができて、だんだん広がってさらにかゆみが増してきました。

それが数日続いたので病院に行ってきました。

ということで、今回は
日焼けした腕にぶつぶつができてかゆくてたまらないので
病院に行ってきたこと
をお話します。

スポンサーリンク

症状

症状としてはかゆみがいきなり襲ってきます。
なんかかゆいなと感じてかいていると、ぶつぶつができて赤くなってきます。

我慢しようとするのですが、かゆみを我慢するのって
結構な忍耐力がいりますよね。私にはそんな忍耐力ないです。

時間にして10~15分ぐらいですかね。
それが何回か繰り返されます。

最初はかゆみが治まるとぶつぶつが消えていたのですが
そのうちぶつぶつが消えずに残るようになりました。

それが4~5日続いて、かゆみも我慢できないので
ついに病院に行くことを決心したのです。


スポンサーリンク

病院へGo!

病院は皮膚科に行ってきました。
私自身、皮膚があまり丈夫な方ではないので
何回か皮膚科に通ったことはあります。

受付を済ませ診察室に呼ばれたので
先生に腕をみせて説明すると

先生「あー、これは日焼けで皮膚がびっくりした時の症状です」

私の心の声「皮膚がびっくりしたという表現にびっくりです」

先生「数日したら治まりますよ、保湿クリーム出しておきますね」

私の心の声「えっ!終わり?早っ!」
私の実際の声「そうなんですね!ありがとうございました!」

あまりの診察の早さにびっくりです。

確かに言われてみると病院に行く頃には、
かゆみもそこまでひどくはなかったような気がします。

ただあのまま病院に行かずに不安で過ごすよりも
病院に行って内容がわかったほうが安心しますよね。

帰りに調剤薬局で保湿クリームをもらって帰りました。
調剤薬局のおじさんがすごく丁寧に説明してくれて優しかったです。

そのおじさんに

「お風呂上がりの5分以内に塗って下さい!」

と言われたので、その日のお風呂上がりにすぐ塗りまくりました。
おかげで腕がテカテカになりましたけどね!

保湿クリームを塗り始めて、2日後ぐらいには
ぶつぶつもでなくなり、かゆみも治まっていました。

まとめ

私の今回の症状は急激に日焼けして皮膚がびっくりしたことが
原因
だったのですが、みなさんも今回の私のようにならないように
ある程度は日焼けの対策をしておいたほうがいいと思います。
特に私みたいに皮膚の弱い方は要注意です!

それとどうしてもかゆみが止まらない方は、一度皮膚科に行って
ちゃんと診てもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする