七五三で3歳の女の子にかかる費用は?誰が払うものなの? | ぶれいくなぷれいす

七五三で3歳の女の子にかかる費用は?誰が払うものなの?

女の子のはじめての七五三。

つい最近生まれたと思っていた赤ちゃんが、もう3歳・・・と思うと、パパやママにとってはとても感慨深いものですよね。

七五三は、子供の成長と健康を願う日本の伝統的な行事です。数え年で、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いをします。そう、女の子にとっては3歳が初めての七五三となりますね。

初めての行事とあり、親御さんは費用がどのぐらいかかるのか、おじいちゃん、おばあちゃんがいらっしゃるお宅は一体誰が支払いをしたらいいのかなど、わからない事もたくさんあるのではないでしょうか?

そこで今回は3歳の女の子の七五三の費用と、その支払いについて考えていきましょう。

スポンサーリンク

3歳の女の子にかかる費用は?

七五三といえば、必ずかかるのが衣装代です。最近は衣装をレンタルされるご家庭がとても多いです。

一生に一度しか着ない衣装も、レンタルならば割安で、その後の衣装の活用に困ることなく手軽で便利ですよ。相場は着物の種類によって変わりますが、3歳の七五三ですと平均して1万円から3万円ぐらいが主流のようです。

次にかかるのがヘアメイク代です。女の子であればやはり和装にあった綺麗な髪形やメイクをしたいものですね。着付けとヘアメイクは美容院に頼むとセットになっていることが多く、だいたい5千円から1万円ほどするのが平均のようです。

最後に、おそらく一番お金がかかるのが写真代です。こちらは選ぶ枚数やアルバムの大きさなどでかなり変動しますが、最低2~3万円ぐらいは見ておいた方がいいかもしれません。

最近は、これらの3つをパッケージにして売り出している割安な

『七五三パッケージ』

なるものも多くありますので、活用してみるといいでしょう。


スポンサーリンク

誰が払うものなの?

七五三_3歳_女の子_費用_02

お孫さんの初めての七五三はおじいちゃん、おばあちゃんにも感慨深いもの。七五三の行事に一緒に付き添われる方々も多いのではないでしょうか。

また、参拝後にお祝いの食事会をされることが多いと思いますが、ご両親を呼ばれる場合、その費用は誰が出したらいいのでしょうか?これは実に様々なようです。

例えば、あらかじめ食事会の場所を決めて、ご両親を招待するというパパ、ママもいれば、ご両親側から食事会の打診があった時などは、そのままご両親が支払いを済まされる方もいるようです。また、衣装を買って贈ったり、食事会の席でお祝いとして七五三祝いを渡される祖父母の方々もいらっしゃるようです。

このように、金額や支払い方もさまざまですが、一生に一度の行事と思えば・・・ですね!何より、わが子の可愛い着物姿を見れば、みんなほっこりすることでしょう。素敵な七五三になるといいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする