仕事に行きたくない。辞めるか続けるか悩んでいるあなたへ。 | ぶれいくなぷれいす

仕事に行きたくない。辞めるか続けるか悩んでいるあなたへ。

自分の趣味ややりたい事を仕事にしている人は少ないと思います。ほとんどの人が生活のために仕事をしていて、その上に人間関係でぎくしゃくしたりすると、行きたくなくなりますよね。私の知人もあなたと同じような経験をしていました。

スポンサーリンク

仕事に行きたくない理由は解決できるか?

まずなぜ仕事に行きたくないのか考えてみましょう。仕事の内容ですか?お給料が安い?仕事仲間とうまくいかない?などあなたが仕事に行くのが億劫になる理由を突きとめてみましょう。

そしてそれがわかったら、その理由は解決出来るのかを考える事です。上司に頼んで、仕事内容を変える事が出来るのか?自分がやってる仕事のトレーニングをすれば、昇給して給料が上がるのか?嫌な上司がいない違う部署へ移れるのか?それとも精神面で、仕事にやる気がわかないのでしょうか?

誰にでも仕事に行きたくない日はあります。まず仕事に行くために起きる朝を楽しいものにする必要があります。特別なおいしいコーヒーを用意しておくとか、途中でお気に入りのベーカリーによって、大好きなパンを買っていくとか、新しく買ったシャツを着て行くとか、大好きな歌手の歌を聴きながら通勤するとか、何でも良いので楽しい事を想像して、出かけるのが重要です。

そして仕事場で、自分にストレスのかかる高いノルマは与えず、自分で出来る事をやっているのだから、自分は充分だと言い聞かせる事です。もし仕事中に休憩が取れるのなら、外へ出て新鮮な空気を吸って深呼吸してみましょう。積極的にお友達を作るのも良い考えです。同じような悩みを打ち明けられますし、ただおしゃべりをして楽しむのも、良いストレス発散になります。

ですが人生一度きり。どうしても今の仕事が自分に合っていないとか、仕事のせいでストレスばかりが溜まって、普段の生活に支障をきたすようであれば、思い切って仕事を辞めることも必要なのです。


スポンサーリンク

辞めた後はどうする?

仕事_行きたくない_辞める_02

知人が職場の人間関係がうまくいかず仕事を辞めた時は、突然自分で決断して辞めたので先の事を何も考えていませんでした。もちろん生活があるので次の日からバイトを転々としながら、同時に自分にあった仕事を探し、何社か面接を受けその中の1つの仕事につけました。その仕事が知人にとって憧れの仕事だったので、今は毎朝楽しそうに出勤しているそうです。

アメリカのことわざに「1つのドアが閉まっても、また違う扉が開かれる」ということわざがあるそうです。自分にその気があって目標を達成するぞ!と言うやる気さえあれば、おのずと新しい仕事が見つかるはずです。

まず自分の人生をどのように生きるのか、今の仕事を改善させていきたいのか、きっぱり辞めるのか、自分自身に問いただしてみる事が重要です。失敗してもそこから学べば良いのです。その失敗も、結果的には必ずあなたのためになっているのですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする