会社での人間関係を良くしたい!参考になる改善法を紹介 | ぶれいくなぷれいす

会社での人間関係を良くしたい!参考になる改善法を紹介

あなたの職場の人間関係は円滑にいっていますか?
会社を選ぶ基準である人間関係は、外からでは分かりませんよね。たとえどんなに「中が良さそう」に見えてもどこかに「ひずみ」があったり「派閥の対立」があったりしますよね。

どんなに人間関係を重視して選んでも、職場の人間関係は変えることが出来ません。「この会社はダメな会社だ」とあきらめる前に、自分の意識改革から周りを変化させてみませんか?

あなたの行動1つが周囲を、会社を良い方向に変えていくことが出来るかもしれませんよ。
今回は、会社での人間関係の改善方法や対応について考えていきます。

スポンサーリンク

仕事をする上で人間関係は大事

仕事をする上での人間関係は重要ですよね。
人間関係がうまくいかないのは「仕方ない」と侮るなかれ、人間関係がこじれてしまうとひどい時は病気にまで発展しかねません。

まずは仕事をする上での人間関係のチェックをしてみましょう。

人間関係に苦労する人の特徴

人間関係に苦労する人の特徴を見てみましょう。

第一印象で人を判断する

人を見た目で判断していませんか?
見た目で判断していると思い込みが発生しますよね。その思い込みが人間関係をこじらせている可能性があります。

自分のことをおざなりにする、自分のことを好きになれない

「自分よりまずは他人」と言う人がいますが、そういう人は「自分のこともできないくせに」と思われがちです。まずは自分のことを優先しましょう。

まじめ過ぎる、融通がきかない

まじめすぎる人ほど融通が利かないので嫌われやすいです。融通が利かないのは特に嫌われやすいです。

相手の心理ばかりを読もうとする

相手のことばかりに気になっている人がいますよね。たまには必要ですが、自分のことを優先して考えましょう。

その場の雰囲気や空気が読めない

「空気が読めない人」っていませんか。その場の雰囲気を考えずに行動する人っていますよね。

八方美人で誰とでもベストでいようと頑張る

八方美人は人間関係の中で嫌われやすいですよね。人と上手く打ち解けようとする意思はみえるのですが、あっちでも、こっちでもいい顔をしていると相手も信用できません。

自己主張が強くて常に自分を優先する

自己を持っていない人も厄介ですが、自己主張が強すぎるのも問題です。わがままばかりで自分に与えられた仕事をこなしていないように思われますよ。

常にやる気が無い

一番の問題はやる気の無いことです。全く仕事にも人にも興味が無いので仕事が振られる回数が少なくなります。やる気の無いに見えるのは人に嫌われやすくなります。

どれか1つ出も当てはまっていると、もしかしたら人間関係に苦労している原因になっているかもしれません。


スポンサーリンク

人間関係が円滑に進むと?

人間関係が円滑に進むだけで、職場環境が良くなります。雰囲気が良くなることで業績が上がった会社もあるそうなので、たかが「人間関係」と侮ってはいけません。

・人間関係がうまくいくことで、ミーティングや会議などでの余計な会話が減ります。
・意味の無い争いがなくなります。
・仕事に集中できるので業績にも影響してきます。

いいことばかりですね。

参考にしたい改善法

会社_人間関係_良くしたい_02

好きな人物や得意な人物とは距離を置く

好きな人物や得意な人物にはついつい頼みやすくなって仕事をお願いすることが多いでしょう。親密な関係の人物も必要ですが、ここは会社ですので、すべての人に仕事が向くようにしましょう。

苦手な人を無視しない

苦手な人ほど話したくはないでしょう。しかし、苦手な人ほどあなたを成長させてくれることでしょう。苦手だからといって距離を置きすぎず普通に接しましょう。

嫌われているほど思いっきり出来る

嫌われているからと言って尻込みしていませんか?嫌われている方が、思い切ったことが出来るものです。心配をされることも無いですし、余計な意見もありません。仕事のみに全力でぶつかっていってください。

まとめ

以上、会社での人間関係の改善方法についてご紹介しました。
皆さんは改善する点はありましたか?私は、いくつか改善しなければならない点が多かったです。

すべてを円満にこなそうとしないで、自分の実力をだせる場所にしていきたいですよね。そのためには、苦労していた人間関係を見直して、自分を大事にすることも必要ですね。今回の内容を参考に自分の行動を振り返ってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする