手の保湿ケアはコレがおすすめ!簡単にできる方法をご紹介! | ぶれいくなぷれいす

手の保湿ケアはコレがおすすめ!簡単にできる方法をご紹介!

手荒れに悩んでいる方は結構多いのではないでしょうか?

私の知人もすごく手荒れに悩んでいました。冬はもちろん、夏のエアコンの効いた部屋でも、手の甲がカサカサになり、手の平は乾燥して痛いくらいでした。

そこで今回は私の知人が実際にやってみて効果があった、簡単にできる手の保湿ケアについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

なぜ手が乾燥するの?

水仕事が多い

知人はお皿洗いやお掃除が好きなので、一日中水仕事をしています。以前はその時に熱めのお湯を使っていたので、水仕事の後は物凄く乾燥していました。

血行が悪い

血行が悪くて手が冷えていると、どうしても水仕事でお湯を使いたくなります。ですが熱いお湯で水仕事をすると、手の皮膚表面の潤いも全て洗い流されてしまい、かえって乾燥がひどくなるのです。

手が乾燥するとどうなる?

あかぎれ

赤く擦り切れたようになって、痒くなってきます。

ひび割れ

ひび割れを放っておくと、だんだんひどくなってきて出血してきたりします。そうなると、手を広げる事も痛くて出来なくなります。お料理する時の調味料や、身体や髪を洗う時の石鹸などがしみるようになります。


スポンサーリンク

簡単にできる方法を紹介

手_保湿_02

水仕事の時にお湯を使わない

キッチンの水は温度調節が出来ると思います。お湯からぬるま湯に切り替えることによって手の皮膚の潤いが守られます。

食器洗剤を変える

ちょっとお高いですが、食器洗剤を完全ナチュラルで無添加の洗剤に変えました。これで手に優しく食器洗いが出来てかなり効果があります。

ゴム手袋をする

これはゴムにアレルギーのある方には不向きですが、ゴム手袋をする前に薄いコットンの手袋をしてからゴム手袋をしたら大丈夫だそうです。これで水仕事や洗剤からの刺激が防げます。

ハンドクリームをこまめに塗る

ワセリンとココナッツオイルを混ぜたものを水仕事の後にこまめに塗っていました。

寝る前のケア

寝る前にワセリンとココナッツオイルを混ぜたものを手に塗ってコットンの手袋をして寝ていました。欲を言えば、手袋もオーガニックのコットンの方が手にはとても優しく効果があります。

血行を良くする

手足の隅々まで血行が行き届けば、手の荒れも随分良くなります。普段から40分くらいのエクササイズを毎日していますが、一番効果があったのは20分~30分の半身浴だそうです。朝、お風呂にゆっくり入るだけで、その日1日血行が良くなって徐々に手荒れがなくなり、ハンドクリームや手袋も必要がなくなったくらいです。

まとめ

以上、簡単にできる手の保湿ケアについてご紹介しました。

市販にはたくさん高品質のハンドクリームがありますので、自分に合ったクリームを選んで、出来るだけ手に毎日触れる石鹸やシャンプーなども、ナチュラルなものに変えるなどの工夫をして手荒れ対策に心がけて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする