シルバーウィーク2017年は何連休なの?もしかしてない? | ぶれいくなぷれいす

シルバーウィーク2017年は何連休なの?もしかしてない?

夏休みが終わると次の楽しみはシルバーウィークですよね。それを励みに仕事を頑張っている人も多いと思います。

そもそもシルバーウィークとは一体何なのか、2017年は何連休になるのかをみていきましょう。

スポンサーリンク

そもそもシルバーウィークとは?

シルバーウィークが発生したのは2009年が初めてです。シルバーウィークとは秋の休日が多い期間のことを言います。つまり9月の後半にある連休のことですね。
4末から5月にかけての大型連休、ゴールデンウィークにあやかり名づけられたとも言われています。

9月は敬老の日、秋分の日と祝日が2回あります。
ではなぜゴールデンウィークがあるのにシルバーウィークまでできたのでしょう?

これは国民の祝日を月曜日に移動し、土曜日・日曜日とくっつけハッピーマンデー制度をつくったからなのです。これによって9月に3連休ができました。

9月15日と定められていた敬老の日が第3月曜日に移動したことで大型連休ができる、といった仕組みのようです。

ちなみに9月は敬老の日があるからシルバーウィークなの?と思われがちですが、実は関係ありません。シルバーウィークは秋のゴールデンウィークという別名ももっているのです。


スポンサーリンク

2017年のシルバーウィークは何連休なの?

シルバーウィーク2017_何連休_02

実は2017年、そこまでの大型連休はありません…

16(土)、17日(日)、18日(月)敬老の日で3連休
23日(土)秋分の日、24日(日)で2連休

なんと、23日の土曜日と秋分の日がかぶってしまっているんです。土日休みの方だと3連休があるだけで通常の月とほぼ変わりません…

2015年は5連休だったのに対し、2016年そして2017年も最大で3連休しかないということになります。2016年にいたってはシルバーウィークはもちろんゴールデンウィークも3連休しかありませんでしたよね。

ではなぜ年によって違いが出るのかと言いますと、秋分の日がしっかりと定められていないことも関係しているからなのです。

毎年23日頃とされていますが、これは地球が秋分点を通過する日となるため年によって22日や23日と変化するのです。

さて、次のシルバーウィークがいつなのか気になりますよね。
次回のシルバーウィークはなんと…

2026年!!

2009年から2015年まで間が空いていましたが今回もだいぶ空いてしまいますね。

敬老の日、国民の日、秋分の日がちょうど重なると大型連休になりますが、しばらくそういった長期休みはなさそうです。ちなみに国民の日というのは休日と休日の間に平日がきたときに休みにして3連休にするというとても親切な日なのです。

こうしてみてみると毎年あるゴールデンウィークと違い、条件が合わないと起こらないシルバーウィークはとても貴重なことがわかりますね。

まとめ

以上、2017年のシルバーウィークは何連休になるのかについてお伝えしました。

残念ながら2017年のシルバーウィークはそう多くありません。というよりないと言ってもいいくらいです…
とはいえ夏休みが終わりうなだれているあなた、しっかり3連休がありますのでご安心を!
短い3連休の中で何をするかを決めて、楽しい休日にしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする